借地権は失効するか

法律とは、簡単に読めるものもありますが、なかなか難読なものが多く、いったい何を言っているのかわからないものもあるでしょう。
土地に関する法律もそういったものが多く、存在は知っていても、意味まではよくわからなかったりするものです。
しかし、その中に権利に関するものがあったりするのであれば、知らなかったでは済まないものもあったりします。
特に権利が失効してしまうようなものであれば、知っていて当然であり、知らなければ損をするだけになってしまうでしょう。


借地権もその中の一つです。
すでに古い法律になってしまっていますが、借地権は重要な意味を持つものです。
現在は、借地借家法となっており、かなりの違いが出てきている点も知らなければいけません。
その中で、建物がなくなってしまった場合、権利は一体どうなるのかも知らなければいけないでしょう。


新しい法律となって、目玉となったといえるのが定期借地権です。
これにより、法律が定めていたパワーバランスが一気に変化しています。
借地権も条件によっては失効し、消滅することになるのですから、借りている側に有利な状況ではなく、即座に明け渡さなければいけないような事態も発生するのです。


土地は住居に直結しやすく、権利を失うということは、住む場所の問題も出てくる要素を抱えています。
知らなかったというだけで済ますこともできませんし、逆に知っているからこそ貸し出せる場合もあるのです。
そういった面も含めて、借地権のことを改めて考えてみてはいかがでしょうか。


○外部推奨リンク
借地権の買取りを行っている専門業者のサイトです ⇒ 借地権の買取り